成功事例①赤字経営と従業員との信頼関係を失いWパンチ!明治時代から続く秘湯の一軒宿の社長との1からの再建

130年以上続く老舗の温泉宿

 ※社長は40代男性です。

 

【ご契約前の状況】

① 経営面での悩み


明治時代から続く山の中にある秘湯の一軒宿。
近くに有名な観光スポットの池があり、そこには観光客は訪れていますが宿の存在はあまり知られていません。
地元住民の知名度も決して高いとはいえません。
前任の社長が利益ばかりを求め地域から嫌われてしまった経緯もあります。
そして新型コロナウイルス感染症の影響もありお客様は激減。
ソーシャルディスタンスのため部屋数も絞らなければなりません。

② 社員との関係


宿は社長、支配人というようにトップが二人いるようなところが多いです。
この二人の連携がとれていないとそれぞれの指示が異なり、従業員はどちらの指示に従えばいいのかわからず困ってしまいます。
ほんのわずかなボタンの掛け違いで意識にズレが生じ、お互いに陰で批判し合うような関係になってしまっていました。
なんとかしなければと思いつつどうしていいかわからない。
社長の最大の悩みでした。

③ 従業員が指示待ち


マニュアルがなく、小さなお宿はひとりがなんでもできるようになることを求められがち。
業務がルーティン化できておらず、基準が定まっていない。
時々によって指示が異なるため従業員は指示がないと動かない状況を生み出してしまっていました。

④ 社長の思い込み


自分ばかりが必死に動いて、みんなが協力してくれない。
新しいことを始めたくても時間がとれない。
アイディアに対して従業員が興味を持ってくれない。
建物が古いから宿泊費を上げられないのは仕方がない。
こんな風にうまくいかないことをすべて人や環境のせいにしていました。

【助けてほしい】

毎月赤字続きの経営で借入金残高が少なくなってきている。
なんとか立て直さなければ倒産に追い込まれてしまう。
そんな思いからコンサルタントに助けを求めようとしていました。

でもどこの話を聞いても
「経営どうですか?」
「数字どうですか?」
同じ話ばかり。
「弊社にお任せください。最適なプランをご提案いたします」
そう言われてもいまいちピンとこなかったようです。

それもそのはず。
一番の悩み、ストレスの原因は支配人や従業員との関係性だったのですから。

そんなタイミングで、弊社代表から
「企業の現在地を見てみませんか?」
というオファー。
「どんな話だろう?」と興味を持ってくれ、即「お願いします」とお返事をいただきました。

【初対面で絶対的な信頼を得る】

初対面であったにもかかわらず、社長に就任した経緯、現在のお宿の状況、ご自身のことなどを3時間以上にわたってお話いただきました。

その理由について次のようにお話いただきました。
「これまでやってきたコンサルタントはすべて男性。やり方ばかりを教えられたけど内部に入ってしっかり見てもらわないと意味がない。
それに比べて、今回は唯一女性でしかも話がすごくわかりやすく、今後の進め方のイメージがしやすかった。
話をしっかり聞いてもらえたこともありがたかった」

「この人だったら解決してくれる!早く契約しないと優先順位が下がってしまう」
直感的にそう感じたそうで、初めてお伺いしたこの日にご契約の意思を固めていただけました。

【ご契約後】

弊社代表が支配人とも面談させていただきました。
ご自身のことをお話することが苦手なタイプだと聞いていましたが、初対面であるにもかかわらず、社長に対する不信感、これまで歩んできた道、お宿のことをどのように見ているかなどを、支配人も3時間以上にわたりお話をいただきました。

そのうえで社長、支配人、弊社代表の3人でチームを作り、LINEで連絡のやり取りをしていくことになりました。

【まず解決したこと】

★人間関係


なんといっても社長と支配人の関係の改善は必須です。
なぜなら、お互いが違う方向を向いたままでは協力し合って目標達成することがどうしても難しいからです。
まず、お互いのお互いに対する認識を洗い出しました。
そして、お互いに対する信頼が折れてしまったポイントを見つけ出します。
それは社長のたった一言だったかもしれませんが、それまで支配人が経験してきた過去の痛み(ネガティブ体験)が、認識のズレを生じさせ、それが結果相手に対する不信感につなげてしまっていた、ということがわかりました。
お互いの認識は、あえて社長に見ていただき、支配人にこんなふうに思われていた、それは支配人のネガティブな過去の痛みが根底にあるから、ということをご理解いただきました。
支配人にも認識のズレについてお話し、お互いの大きな誤解の一つが無事に解けたのです。

★社長の開花


考えをまとめることが苦手で、従業員への指示がなかなか伝わりづらく協力してもらえない。
新しいことを始めては中途半端に終わってしまうことも多く、時間管理がうまくできない。
ご契約時はそんな印象の社長です。
なにより、一見明るく振る舞いうまくいっているように見えますが、心に深い闇を抱えていることを初対面のときから感じていました。
ヒアリングを重ね、落ち着きがない原因、ずっと握りしめて手放せなかったモノがあることなどがわかりました。
ありのままの自分自身を受け入れてあげることで、握りしめていたモノを手放すことを自分に許可ができました。
とにかく素直に聞き入れていただくことで、心のクリアリングをする土台がしっかり築け、本来の自分を取り戻す研修へ参加し、かなり苦労はしたようですがインナーチャイルドの自分に出会えたようです。
闇があまりにも深かったため思うような結果につなげられないのではと実は少し心配していましたが、しっかりクリアリングができたと報告をいただいたことは涙が出るほど嬉しかったです。

★問題はたくさんありますが

経営が傾いている企業は当然ですが様々な問題を抱えています。

ご提案していることは、

 

・評価を上げるためにスタッフのだれもがわかる宿業務のマニュアル作り

・無駄を省いたシステム・アウトソーシングの提案

・新規集客のための自社イベント企画

・イベントとしての場の提供

・ECを使った物販

・顧客リストを作成し既存客へのアプローチ

・独自の価値の発信のためホームぺージ改訂

・週休2日を実現しブラック企業からの離脱

 

もちろんお客様の動向や市場リサーチは必須です。

迷走しないように指針を数値化。マップにおこします。

数字を上げていくことにもコミットし、1からの立て直しに走っています。

 

ご相談はこちらへ

相談受付 (1lejend.com)

タイトルとURLをコピーしました